Hyogo prefecture Organic Agriculture Society

団体概要

本会は2006年(平成18年)より農産物検査法に基づき登録検査機関となり、有機、非有機に関わらず公平に農産物(国内産玄米)の検査を行っています。

農産物検査とは?

  • 農産物の公平かつ円滑な取引
  • 農産物の品質の改善
  • 農産物消費の合理化の目的のために登録検査機関の検査員が品位等の検査をし、検査証明書を交付することです。

お米の等級を検査したいと思われる方は・・・

検査の必要条件を確認する

  • 米の種子、苗の購入先がわかるもの、品種、耕作面積などの情報を提供できますか?
  • 検査する場所まで自分の米を運んでくることができますか?
  • お米は検査可能な30㎏入の包装紙袋に入れることができますか?

本会の事務所へ検査証明書と必要書類などをFAXする

受験者の方へ

検査請求書申出書はダウンロードできます。

希望する検査場所と検査日程を決めてください。

検査実施場所は兵庫県の丹波市市島町、洲本市五色町、豊岡市、養父市にあります。

検査できる兵庫県産の品種銘柄です。

検査当日に検査場所にお米を持ち込む

検査員が検査前に包装について規格にあったものかを確認します。

検査終了後、検査証明書を発行します。

検査料を支払う

検査手数料は玄米30kgの袋一包装につき300円(消費税込み)と、検査場所までの検査員の交通費実費を別途請求します。

検査終了