有機JASとは | 兵庫県有機農業研究会【認証部】

title_ninsyo_jas_top.jpg

われわれは、JAS法に基づく登録認定機関として、公平に透明度の高い認定業務を提供することを重要な責務と認識しています。このため、われわれはJAS法令及び国連法規並びに国際的な規格に従って、公平性に対して影響を及ぼす利害関係を整理して、客観性のある認定業務を確実に行います。

業務の方針は、次のとおりとする。
1)認定に関する業務を公平、公正、迅速に行い、登録認定機関に課せられた責務を全うする。
2)認定に関する業務の信頼性確保のため、業務遂行に必要な技術能力の維持・向上に努める。
3)認定に関する業務の機密保持、客観性及び公平性に関して認定業務以外の業務から影響の排除に責任を持つ。
4)認定に関する業務に係る経費の節減に努め、有機食品等の社会的評価の向上に努める。
5)JAS制度の適正な運営に寄与する。
6)認定申請者及び認定事業者と密接な関係を有する役職員は、認定申請者及び認定事業者の運営に実質的な影響を及ぼすことがない様にする。

理事長 牛尾 武博



有機JASマークの付いたものだけが有機農産物、有機加工食品等と名乗れます。

これまで、有機農産物の表示については、1992年に「有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」が制定され、表示の適正化が図られてきました。 しかし、これには法的強制力はなく、これに基づかない農産物が有機と表示されて市場に出回り、消費者が選択する際の問題となっていました。

このような状況を受けて農林水産省では、有機農産物やその加工品について適正な表示を行わせるために、 第3者が認証する制度をJAS法に組み込み法的強制力を持たせました。

つまり、「有機農産物及び有機農産物加工食品」の作り方をJAS規格として定め、第3者機関の検査に合格し、かつ有機JASマークがつけられたものでなければ「有機」の表示をしてはならない、とする制度を導入しました。 これがいわゆる有機JAS制度です。

※参考資料:リーフレット「ご存じですか? 有機食品の検査認証制度」 (社)日本農林規格協会


当会の有機認定業務

「兵庫県有機農業研究会」は、JAS法に基づく「登録認定機関」として、有機農産物、有機飼料と有機加工食品の認定業務を行っています。認定を行う区域は日本国内です。

農林水産省登録通知書はこちら >>